楽しく笑い、美味しく食べて、心身ともに健康に。

代表・オーナーシェフ 斉 藤 弘 美

お客様が、笑顔いっぱいになる楽しく、美味しい、食文化の創造に取り組みます。

只今、2021年春のオープンに向けて鋭意準備中です。どうぞよろしくお願い致します。 

大笑堂について

ありきたりな話かもしれないけど、僕の大事な話。
幼い頃、家は裕福ではなく、両親は共働き、弟と二人兄弟。そんな私の思い出は「まき寿司」でした。大好きだったんですよね。だから、まき寿司が出てくるとご馳走だ!!ってなりました。震災後に繋がっていった方達と社会の問題に目を向けるようになりました。「お腹いっぱい食べられない子ども達が今も大勢いる」この社会の現実は、僕の思い出にリンクしました。「ただでご飯を食べさせてあげることは出来ないかのかな」
至ったのは『まき餃子』でした。私達が仲介となるペイフォワードプロジェクトです。お客さんに買ってもらった笑品券をお店に貼る。お店に来た子ども達がその券を使って僕たちが開発したモリモリ栄養食『まき餃子』をお腹いっぱい食べる。そんなことを色んな形でいろんなところにしていきたいんです。そういった経緯で、まき餃子を作る工場として機能するwildkitchen KUMAKUMAのもう一つの顔「大笑堂(たいしょうどう)」ができました。
この二つのお店には、僕の描いた夢も、払拭したい子ども達の涙も、仲間も、美味しいものも笑いも全て全てあるんです。

クラウドファンディング成功しました!ありがとうございます。

Wild kitchen kumakuma

wildkitchen KUMAKUMA 渾身のオープン!
とにかく食べることが大好きの私が叶えたかった夢の一つ、

「お腹がよじれるほど笑ってしまう店」

美味しいものを食べながら、意味の無いことで見知らぬ人たちと日を過ごす。

ストレス過多なこの時代に、私が提供出来るものはきっとそんなこと。

よしと思った時に2020年が始まってしまい、夢途切れるか・・・と心配もしましたが、踏ん張って仲間に頼って、助けてもらっていつの間にかお店準備が具体的に始まりました。

多国籍的な料理メニューになりそうですが、もし何かにまとめるなら、、、和とアメリカを混ぜた感じ?和メリカ?笑メリカ?いいんです。そのくらいで。料理は感情で出すし、感情で食べる。笑って食べられない、集った仲間達とそんな店にしていきます!